読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラウザについて

 ウェブブラウザ(インターネットブラウザ、web browser)とは、 World Wide Web (WWW) の利用に供するブラウザであり、ユーザエージェント (UA) である。具体的には、ウェブページを画面や印刷機に出力したり、ハイパーリンクをたどったりするなどの機能がある。単にブラウザ(ブラウザー)と呼んだ場合、多くはウェブブラウザのことを指す。(引用:Wikipedia)

 

ん~なんのことやらって思いますよね。

つまり、 ブラウザとはインターネットを閲覧するための専用のアプリケーションソフトの事です。 パソコンを購入してISP(プロバイダ)に加入すれば、インターネットが出来ると勘違いする人がいらっしゃいますが、パソコンってほぼほぼアプリケーションソフトが必要なんですね。ブラウザに限らず「出来ない!」と騒ぐ前に、対応しているアプリケーションソフトがパソコンにインストールされているか確認しましょう!

 

パソコンを購入してセットアップをした直後、通常はInternet Explorerがインストールされています。

ちなみに、Windows10であればMicrosoft Edge(Edge)がデフォルトになっていて、Internet Explorer(IE)はインストールされてはいるものの、Cortana(コルタナ)等で「IE」と検索しないと出て来ません。(アイコンが似ているので、勘違いしやすいですが、Edgeは「e」の青で左側に切れ目があり、IEは「e」が水色で黄色い土星にあるような輪っかがついています)

 

ふつーはこのままIEかEdgeを使いますよね。

私は、IEのアドオン(拡張機能)が大嫌いなのと、何年か前に、脆弱性の問題で大騒ぎになった事もあり、今はGoogle ChromeFirefoxを愛用しています。

あまり大きな声では言えませんが、ChromeFirefox拡張機能であちこちに出てくる広告をブロックしてくれるのが嬉しい(最近、過剰な広告多くないですか? あ、このブログもだ。無料なので(^^ゞ)

 

ブラウザって、IE、Edge、ChromeFirefox(MacSafariもあり)だけじゃないんです。

わかりやすく説明してくださっているHPを見つけましたので、是非ご覧ください。

 

※インストールは必ず正式なサイト(提供会社サイト)から行うように気を付けましょう!

freesoft-100.com

 

アドオンなどの拡張機能に関しては別の記事でご紹介します。

広告を非表示にする